検索
  • fairypittamusic

『散歩』を調べてみた!

散歩って正式にはなんなんだろう? そう思って


wikiなどで調べると、、、

気晴らしなどを目的にぶらぶら歩く運動のこと。らしい。


特に目的地などを設けず、自宅の周辺などをとりとめもなく歩くことを指し、より明確な目的を持ったものは、

「ウォーキング」(健康増進を目的とした歩行)

「ハイキング」(自然の風景や知らない土地の景観を楽しむことを目的に決まったコースを歩くこと)

といったふうに呼ばれることが多い、、、だって(笑)


じゃあなんで散歩って文字になったのかな?って思って語源を調べてみたら、、、


古代中国では、現代でいう麻薬に相当する「五石散(ごせきさん)」という薬物が流行していたらしくて、それは鍾乳石、硫黄、白石英、柴石英、赤石脂という5種類の鉱物をすり潰して調合された薬物で、中国では不老長寿の薬といわれていたんだって。石の粉飲んでたんですね^_^


この五石散を服用すると、「散発」という身体があたたまる作用が起こるらしいんですが、この散発が起こらないと中毒死するといわれてたそうで、みんな死んじゃうの怖いから五石散飲むと散発を早めるために歩きまわったみたいでそのことを「行散」と呼んだらしい。

そこから「散歩」という言葉が生まれたといわれているんだって。


なんか、しっくりこない💦

そもそも語源を全て古代中国に丸投げする感じがなんだか(笑)

今のところそういう事らしいです!


最初の方に書いてた

『目的を持たず』っていうのが大切なのかな?

散歩するつもりがウォーキングやハイキングになっちゃう事ありそうですよね?

コンパスの針にロックやバイアスがかかってないかどうか何もしないで確認する。

コンパスの針はゆらゆら自由に揺れているから本当の方角が指せる。

時々は『何もしない』をしましょう。(北添)



0回の閲覧

©2019 by Fairypitta All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now